1. TOP
  2. お知らせ

8月7日はおもちゃ花火の日

8月7日はおもちゃ花火の日となっています。

花火のルールを守って楽しく遊びましょう。

 

日本煙火協会リーフレット①

 

日本煙火協会リーフレット②

 

詳しくは日本煙火協会HPへ

⇩⇩⇩

http://www.hanabi-jpa.jp/

 

令和4年度 九州一斉 住宅用火災警報器普及啓発キャンペーン

令和4年5月25日~6月8日の期間、

 

九州地区の消防本部が一斉に住宅用火災警報器の普及啓発キャンペーンを実施します。

 

平成21年6月1日にすべての住宅に住宅用火災警報器が義務付けられてから、

 

すでに10年以上が経過しています。

 

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れ等により火災を検知しなくなることがあります。

 

日頃から機器本体の点検を行い、必要であれば交換を行いましょう。

 

 

⇩九州一斉住宅用火災警報器普及啓発キャンペーン動画⇩

 

https://www.youtube.com/watch?v=OXKzFKuCNwU&t=3s

 

 

 

お問い合わせ

島尻消防組合消防本部 予防課

TEL : 098-948-3052

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.5.16)

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、5月16日(月)に確認されましたのでお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報

消防職員:30代男性 令和4年5月16日(月)陽性

現在、自宅療養中

 

※消防・救急業務へ影響はございません。引き続き適切な処置を講じてまいります。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.5.11)③

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、5月6日(金)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

30代・消防職員 計1名

 

2 経緯

当該職員は、5月7日(土)に発熱症状があり、PCR検査を受検する。同日夜に陽性の連絡があり、現在自宅療養中。

 

3 当該職員の状況

当該職員

5月 7日(土)  発熱症状、 PCR受検し同日「陽性」となる。

5月 8日(日) 発熱症状。

5月 9日(月) 発熱症状。

5月10日(火) 発熱症状、自宅療養中。

 

4 職場としての対応

当該職員は、5月4日(水)に勤務しており、一緒に勤務した3名の職員は、抗原検査を受検し全員陰性を確認する。当該施設においては消毒済み。消防業務への影響はなく引き続き、適切な処置を講じてまいります。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.5.11)②

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、5月6日(金)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

20代・消防職員 計1名

 

2 経緯

当該職員は、5月5日(木)に子が発熱し、5月6日(金)陽性判定となる。本人もPCR受検し陽性判定となり、現在宅待機中。

 

3 当該職員の状況

当該職員

5月5日(木) 当該職員の子が発熱する。

5月6日(金) 親子でPCR受検、双方とも陽性判定。

5月7日(土) 当該職員 平熱、症状なし。

5月8日(日) 当該職員 平熱、症状なし。

5月9日(月) 当該職員 平熱、症状なし。自宅待機中。

 

4 職場としての対応

5月4日(水)に当該職員と一緒に勤務した9名の職員は、抗原検査を受検し全員陰性を確認する。当該施設においては消毒済み。消防業務への影響はなく引き続き、適切な処置を講じてまいります。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.5.11)①

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、5月6日(金)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

20代・消防職員 計1名

 

2 経緯

当該職員は、5月5日(木)勤務中に喉に違和感が出現し退勤する。15:00にPCR検査を受検する。5月6日(金)に陽性判定となり自宅待機中。

 

3 当該職員の状況

当該職員

5月5日(木) 勤務中、喉に違和感が出現、退勤後にPCR受検。

5月6日(金) 陽性判定。

5月7日(土)  平熱、咳症状。

5月8日(日) 平熱、症状なし。

5月9日(月) 平熱、症状なし。自宅待機中。

 

4 職場としての対応

5月5日(木)に当消防職員と一緒に勤務した5名の職員は、抗原検査を受検し全員陰性を確認する。当該施設においては消毒済み。消防業務への影響はなく引き続き、適切な処置を講じてまいります。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.5.6)

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、5月3日(火)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

40代・消防職員 計1名

 

2 経緯

当該職員は、5月1日(日)に家族が陽性判定を受け濃厚接触者なる。5月2日(月)PCR検査を受検する。5月3日(火)に陽性判定となり自宅待機中。

 

3 当該職員の状況

当該職員

5月1日(日) 子が発熱、陽性。(当該職員 勤務なし)

5月2日(月) 平熱、PCR受検、陽性。

5月3日(火) 平熱、症状なし。

5月4日(水)  平熱、症状なし。

5月5日(木) 平熱、症状なし。

5月6日(金) 平熱、症状なし。自宅待機中。

 

4 職場としての対応

当該陽性判定を受けた職員に係る濃厚接触者はおりません。当該施設においては消毒済み。

消防業務への影響はなく引き続き、適切な処置を講じてまいります。

 

島尻消防組合消防表彰

令和4年3月16日(水) 島尻消防組合消防本部にて、令和4年1月に発生した火災事案において、迅速な行動により初期消火をおこない、被害の軽減に貢献した3名のご家族へ当消防本部消防長より敬意と感謝の意を表し「感謝状」が贈られました。

 

【表彰を受けた経緯】

南城市大里地内にある2階建て鉄筋コンクリート造りの一般住宅で火災が発生。いち早く現場へと駆け付け、(祖母)新垣美佐緒さん指示の下、(孫 中3)新垣舞さんがホースやバケツを準備するなどの初期消火の手助けをし、(孫 小6)新垣美優さんは119番通報を行いました。火災当時、出火建物の住人は外出しており、スプレー缶が破裂し、住宅の窓ガラスが破壊されており、対応が遅れていれば甚大な被害となっていたことでしょう。

 

 

写真撮影後の新聞記者からの質問に対し、塀を乗り越えた事や通報時の状況(気持ち)を照れながらもしっかりと受け答えをしていた姿が印象的です。

3名の冷静かつ、迅速な判断と勇気ある行動によって、被害を最小限にとどめた功績は大きく、改めてここで感謝の思いを申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。

 

 

※撮影の為、マスクを外しています。

 

※新垣ファミリーです。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.2.24)

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、2月22日(火)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

20代・消防職員

 

2 経緯

(1)当該職員は2月18日(金)に家族が抗原検査にて陽性と診断され、19日(土)にPCR検査受検。20日(日)陰性診断(他の家族は陽性)。21日(月)当該職員に38.9度の発熱症状がありPCR検査を再受検し、2月22日(火)に陽性と判明したもの。

 

(2)当該職員の発症2日前は自宅待機中であったため、職員との接触なし。

 

3 当該職員の状況

2月19日(土) 平熱、症状なし。

2月20日(日) 平熱、症状なし。

2月21日(月) 発熱(38.9度)。PCR受検。

2月22日(火) 発熱(37.5度)、陽性診断。

2月23日(水) 平熱、症状なし。

2月24日(木) 平熱、症状なし。

 

4 職場としての対応

当該施設は、消毒作業及びオゾンガス発生装置での除菌作業を実施済みです。

感染防止対策を徹底し通常通りの業務を実施しております。

なお、消防・救急業務等への影響はありません。引き続き、適切な処置を講じてまいります。

当消防組合消防署職員の新型コロナウイルス感染について(R4.2.16)

当消防組合消防署に勤務する職員が新型コロナウイルスに感染したことが、2月16日(水)に確認されましたので、下記のとおりお知らせします。

 

1 当該職員に関する情報(年代・職種)

30代・消防職員 計1名

 

2 経緯

(1)当該職員は2月15日(火)に発熱症状(39.4度)があり、PCR検査を受検する。2月16日(水)に陽性診断となり勤務停止、自宅待機中。

 

(2)当該職員と2月12日(土)に勤務をした職員A、B、C、Ⅾ、Eを濃厚接触扱いとし、2月16日(水)に抗原検査キットにて全員陰性(平熱、症状なし)。2月18日(金)抗原検査キットにて全員陰性(平熱、症状なし)を確認し、就業可とする。

 

3 当該職員及び濃厚接触職員の状況

(1)当該職員

2月14日 倦怠感あり、平熱。

2月15日  深夜から発熱(39.4度)、PCR検査受検。

2月16日 平熱、症状なし。陽性診断。

2月17日 平熱、症状なし。

2月18日 平熱、症状なし。

 

(2)濃厚接触職員A、B、C、Ⅾ、E(消防職員)

2月16日  平熱、症状なし。消防署にて抗原検査実施。全員陰性。

2月17日 平熱、症状なし。

2月18日 平熱、症状なし。消防署にて抗原検査実施。全員陰性、就業可。

 

4 職場としての対応

当該施設については、1日数回の消毒作業及びオゾンガス発生装置での除菌作業を実施しております。また、これまで以上に感染拡大防止対策を徹底し通常どおりの業務を実施しております。

なお、消防・救急業務等への影響はありません。引き続き、適切な処置を講じてまいります。