1. TOP
  2. 違反対象物の公表制度

違反対象物の公表制度

公表制度 (施行期日 令和2年4月1日)

違反対象物の公表制度とは建物を安心して利用していただくために、重大な消防法令違反のある対象物を島尻消防ホームページで確認できる制度です。

違反対象物公表制度【総務省消防庁】

公表の対象となる建物

飲食店、物品販売店など不特定多数の方が利用する建物や、病院、福祉施設などの「特定防火対象物」です。

公表の対象となる違反

建物に義務付けられた消防用設備(屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・自動火災報知設備)が、設置されていない重大な法令違反です。

公表の時期

消防が立入検査で違反を確認し、建物関係者に違反を通知した日から30日が経過しても、その違反が認められる場合に公表します。
また、公表は違反が是正されるまでの間継続します。

公表の概要について

違反対象物公表制度リーフレットをご覧ください。

公表する内容

(1)建物の名称
(2)建物の所在地
(3)違反の内容
(4)その他消防長が必要と認める事項

島尻消防管内の公表物一覧

公表違反対象物一覧表(島尻消防組合消防本部)(令和2年6月4日現在)

【お問い合わせ】

連絡先:島尻消防組合消防本部 予防課
TEL:098-948-3052

  • 島尻消防管轄内 令和2年出動件数
  • 職員募集案内 (島尻消防組合職員採用試験について)
  • 消防団について
  • 心肺蘇生法について
  • 119番通報のかけ方
  • 住宅用火災警報器
  • 違反対象物の公表制度
  • 建物の防火安全情報表示制度適マーク制度
  • 動画集
  • 日本救急医療財団 全国AEDマップのご紹介
  • 島尻消防組合消防本部例規集
  • 島尻消防組合議会
  • 南城市役所
  • 八重瀬町役場